失敗を成長への一歩に変えるには

目標があって、

それに向かって

新しいことにトライ

していると

頭の中では、

これで良いのかな〜?

大丈夫かな〜?と

考えたりしますが、

その背後には、

失敗することへの

恐れがあります。

よく

ワクワクに従って

動けばいい!

なんて言われてますが、

そうは言っても、

仕事などで

色な人間関係や

立場を考えたり、

自分の対応が

誰かに影響する

と考えると

やっぱり恐れは

でちゃうかな。

なので、まずはその

怖い気持ちを

無視せずに

怖いんだね〜と

気づいてあげて下さい。

そして次に、

今の自分に出来る

精一杯のことをやった。

にもかかわらず

それが、

ベストではなかったり

間違っていた、

失敗したんだと感じた時に

やっぱりまだ自分は

知識が足りないんだ、

始める時期ではなかったんだ、

この仕事は向いていないんだ

などなど

自分を責めてしまったら、

一旦、責めることをやめて

今、自分が感じている気持ち

例えば、

残念な気持ち

ガッカリな気持ち

悲しい気持ちに

気づいて、

その気持ちに寄り添って

あげましょう。

そもそも、

初めての事を最初から

完璧に出来るなんて難しいし

ここまで学んでいればOK

なんていうのは

あくまで目安で、

学びに終わりはないと思うので

そんなことを言っていたら

いつまでも経験が積めず

なにもせずに終わっちゃいます。

(本当に林先生の

いつやるの?今でしょ!

は名言ですね。)

私達は、往往にして

残念な気持ちや

ガッカリな気持ち

悲しい気持ちを

味わいたくなくて、

思考でそれらを

感じないような

理由を探し始めてしまいます。

そうすると

いつまでたっても

出来なかった理由ばかり見つけて

失敗を理由に前に進めない。

または別の方向に行こうとする。

事になりますが、

失敗をチャンスに変えて

次の成功に繋げるには、

失敗した、

残念な、ガッカリな自分

をしっかりと認めて寄添い、

更にそのトライした中で

出来ていた小さな成功体験を

認めていくことが大切です。

そして一歩ずつまた

進んで行きましょう。

恐れがあってもいい。

情けない私も愛おしい私

です。

心からそう感じられた時に

失敗が次の成長への

大きな一歩になるでしょう!